【「食べない」を解決】離乳食をスムーズに進める方法10選

  • URLをコピーしました!
ももこ

こんにちは!ももこ(@momo3nenn)です!

離乳食、順調に進んでいますか?

離乳食じゃなくてエプロンばっかり食べたり、口に入れたものがそのまま出てきたり、スプーンを嫌がったり…。

毎日のことなので、本当に大変ですよね

そろそろ離乳食後期に入る息子のかき太も、最初は上手に食べられませんでした。

ですが色んなことに気を付けるようになってから、スムーズに食べてくれることが多くなりました。

今回は離乳食をスムーズに進める方法10選を紹介します!

目次

離乳食をスムーズに進める方法

①「いただきます」と「ごちそうさま」をしっかり言う

ペースト状の離乳食

離乳食の最初と最後には、「いただきます」と「ごちそうさま」を言っています!

食事の始まりと終わりをつくってあげることで、「これから食べる時間だな」だという区切りができるからです。

流れでなんとなく言うのではなく、挨拶として認識できるようにハッキリ言っています!

②メニュー紹介をする

食べ始める前に、メニューの紹介をしています。

自分が食事をするときも、何か分からないものを食べさせられるのは不安ですよね。

と言っても離乳食なので、

ももこ

インゲンと素麵に出汁をかけたやつと、お豆腐とトマトを混ぜたやつだよ!

みたいな感じです(笑)

自分が何を食べているのか、認識できればいいなと思ってやっています。

補足情報として、

ももこ

好きなトマトが入ってるよ!お豆腐は初めて食べるね!

のように話しかけたりもしています!

③声かけをする

離乳食を食べる赤ちゃん

ご飯中はあまり無言にならないように、声かけをしています!

声かけがないと作業的になってしまって、かき太も食事に飽きてしまうからです。

動作に合わせて声かけして、何をしているのか理解できるようにしています!

ももこ

あーん、もぐもぐ、ごっくん!次はカボチャを食べるよ!

④カラッポの皿を見せてあげる

完食したら、カラッポの皿を見せています!

皿がカラッポになったら、食事が終わりということを認識させるためです。

⑤しっかり褒める

出来ることが増えたときは、しっかり褒めています!

褒めていることが分かるように、テンションをあげて話すのがオススメです!

ももこ

すごいね!いっぱい食べられて偉いね!

⑥食べこぼしをリセット

食べこぼしが多くて機嫌が悪いときは、一度キレイにしてあげるとリフレッシュできます!

気持ちが悪いと余計に機嫌が悪くなってしまい、「食事=気持ち悪い」と認識されてしまいます。

擦ると肌が荒れるので、ティッシュで包むように取り除いてあげるといいですよ。

⑦飲み物をあげる

赤ちゃん用の飲み物

飲み物で口の中をスッキリさせることで、また食べる気持ちが出てくることがあります。

違う味や食感、温度の食べ物をあげることも、リフレッシュになります。

⑧テレビをつける

単純な作業に飽きるので、テレビをつけて気分転換をするのも良いです!

テレビに気を取られているうちに、口に運んでいます。

⑨味変する

味に飽きていることもあるので、後乗せ食材で味変をしています

後から加えやすい青のりや粉チーズ、きな粉などを使っています。

⑩どうしても無理そうなら中止

おやつを食べる赤ちゃん

どうしても機嫌が直らないときは、中止することもあります。

無理やりあげて、食事自体が嫌なものだと認識させたくないからです。

泣いているときに無理に口に入れると、喉に詰まる危険もあります!

「今は食べる気分じゃないんだな」と割り切って、また次から頑張っています。

最後に

赤ちゃん用のコップと絵本

今回は離乳食をスムーズに進める方法10選を紹介しました。

この記事で少しでも離乳食が楽になればと思っています。

一緒に頑張りましょう!

それでは☆

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次