【本のソムリエ】今こそ読んでほしい!年末おすすめ本3選!

  • URLをコピーしました!
ももこ

こんにちは、ももこです!

今回は、年末にこそ読んでほしい3冊の本を紹介します!

短編集や絵本なので、バタバタする年末の合間をぬって読める本ばかりです!

目次

1冊目:アンソロジー「X’mas Stories 一年でいちばん奇跡がおきる日」

せっかく奇跡がおきるなら、クリスマスがいい。

クリスマスストーリーズの本

この本は、クリスマスにちなんだ話を集めたアンソロジーです。

クリスマスの東京にタイムスリップしてしまった武士や、クリスマスを目前に控えたサンタ“たち”など、一味ちがうクリスマスが味わえます!

その中でもおすすめは朝井リョウさんの「逆算」です。

主人公は、うだつの上がらない毎日をおくるOL。

自分を変える“特別なきっかけ”がほしくて、職場の同僚をクリスマスのディズニーランドに誘います。

自分より豊かな人生を送っている人には、どんな“特別なきっかけ”があったのか。

なんの“特別なきっかけ”もない、私のこんな人生はいつまで続くのか…。

繰り返しの人生や、他人との差に辟易している主人公にかけた同僚の言葉が、同じ時代を生きている読み手にも染みてきます!

否応なく区切りがつく年末にこそ、ただ忙しく流れていく日々を労わってあげませんか?

2冊目:伊坂幸太郎「終末のフール」

あと3年で滅亡する地球で、なにをする?

終末のフールの本

舞台は、地球滅亡の予告から5年が過ぎた仙台の団地。

登場人物たちは、残り3年という同じ寿命を生きています。

この本は、残りすくない人生に対する目的と希望の話です

みんな、最初からポジティブだったわけではありません。

悲観するだけの人生から、軌道を変えて生きているのです。

どう生きても、過ぎる時間の長さは変わりません。

あなたは、残りすくない日々に、どんな目的をもっていますか?

あと3年で地球が滅亡するとき、あなたにとっての希望はなんですか?

3冊目:エラ・フランシス・サンダース「翻訳できない世界のことば」

その感情に、名前をつけて。

翻訳できない世界のことばの本

この本は、翻訳が難しい、その言語特有の表現方法を集めたものです。

たとえば、日本語だと「木漏れ日」「ぼけっと」などが出てきます。

意味も実態もないものに意味を持たせるこの言葉から、日本人がなにを大切にしているかを感じることができます。

他の国の言葉で翻訳できないということは、最低限生きていく上で必要な言葉ではないということです。

その国の人が、何を大切にして生きているかということ。

その国の豊かさの源を知り、自分の感じ方の幅を広げることが出来ます。

日々のなんでもない瞬間に意味を持たせて、この1年間の濃度をより深いものにしませんか?

さいごに

残りすくない今年が終わっても、年が変われば、また新しい1年が始まります。

流れていく時間の意味を再確認して、新年を迎える土台をつくってあげませんか?

それでは☆

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次