【レビュー】人気の子ども靴4選

【レビュー】人気の子ども靴4選
  • URLをコピーしました!

あなたは子どもの靴をどうやって選んでいますか?

靴って色々なタイプがあって、選ぶのが難しいですよね。

試し履きではなかなか使い心地は分かりません。

今回はこれまで実際に履いてきた、人気の子ども靴をレビューしていきます

メリットとデメリットをまとめているので、参考にしてください。

この記事はこんな人にオススメ!
  • 子どもに合った靴を履かせたい
  • 色んな靴の特徴が知りたい
  • 実際に履いた感想を聞きたい
ももこ

こんにちは!ももこです!
サイズの計測や、名前書きに便利なグッズも紹介しています!

目次

①エドインター「Baby feet」

ファーストシューズに選んだのは、エドインターの「 Baby feet(ベビーフィート) 」です。

エドインターの「 Baby feet(ベビーフィート)
サイズ展開11.5cm、12.5cm
カラー他デザイン多数あり
使用期間生後10ヶ月~1歳0ヶ月

ベビーフィートは靴と靴下が一体化した、トレーニングシューズです。

つま先・靴底・かかとはゴム製で、その他の部分は靴下のような布製になっています。

柔らかい作りで足にフィットするので、靴下に近い感覚で履ける靴です。

ももこ

靴を嫌がった息子も、ベビーフィートは履いてくれました!

ベビーフィートは靴下の部分があるので、履かせにくいのが難点。

私はゴムの部分に、靴下を引っ掛けてから履かせていました。

エドインターの「 Baby feet(ベビーフィート)

慣れれば簡単に履かせられます!

メリットデメリット
柔らかい作りで、違和感が少ない
・洗濯機で丸洗いOK
・履かせるのにコツがいる

靴下から靴へのステップアップにピッタリの一足です!

②イフミー 「キネティックベルト フェイクレザースニーカー」

次に使っていた靴は、イフミーの 「 キネティックベルト フェイクレザースニーカー 」です。

買ってよかったIFME 「キネティックベルトフェイクレザースニーカー」
サイズ展開12.0〜15.0cm(0.5cmあり)
カラーブラック
使用期間1歳0ヶ月~1歳2ヶ月

イフミーのスニーカーはベルトが特殊で、履き口が大きく広がるのが特徴です。

足を包み込むように履かせられるので、スムーズな着脱ができます。

買ってよかったIFME 「キネティックベルトフェイクレザースニーカー」

さらに左右の中敷きの色が違ったり、かかとに紐が付いていたりと、子どもが自分で履きやすい工夫がされています。

ただベルトがヒモなので、マジックテープを正しい位置にくっつけるのは練習が必要です。

ももこ

履かせるのが楽でお気に入りでした!

メリットデメリット
・口が大きく広がるので、着脱が楽
・特殊なベルトで、足にぴったりフィットする
・珍しいデザインでオシャレ
・ベルトがヒモなので、子どもが留めるには難しい

カラーやデザインのバリエーションも豊富です!

➂コンバース「BABY ALL STAR」

次に使っていたのはコンバースの「 BABY ALL STAR 」です。

コンバース「BABY ALL STAR」
サイズ展開12.0〜15.0cm(0.5cmあり)
カラーレッド、ブラック、ホワイト、オプティカルホワイト
使用期間1歳2ヶ月~1歳6ヶ月

オシャレな子ども用の、コンバースのスニーカーです。

靴紐は縫い付けているので解けることがなく、外側のチャックで着脱します。

チャックで着脱するからなのか、歩いていて脱げることが時々ありました。

かかとのテープは子どもでも摘みやすいように、大きめな作りです。

ももこ

すこしハイカットなので、足首が太めの息子はチャックがギリギリでした。

メリットデメリット
・着脱しやすいオシャレなデザイン
・親子でおそろいにできる
・ややハイカットなので、足首の太さに注意

④西松屋「幅広ベビーシューズ チェック柄」

現在使っているのが、西松屋の「 幅広ベビーシューズ チェック柄 」です。

西松屋「幅広ベビーシューズ チェック柄」
サイズ展開13〜15cm(0.5cmなし)
カラーネイビー、ピンク
使用期間1歳6ヶ月~

西松屋グッズの1番の特徴は、価格の安さです。

この靴の価格は税込み799円!

ただ安いだけではなく、きちんと子どもが使いやすい作りになっています。

履き口が大きく開くので着脱が簡単で、つま先が広いので指先が自由に動かせます。

西松屋「幅広ベビーシューズ チェック柄」

何度も買い換える子ども靴は、やっぱりコスパも重要ですよね!

メリットデメリット
・コスパが良い
・履き口が大きく開く
・つま先部分が広い
・0.5cmのサイズ展開がない
・オシャレなデザインが少ない

子ども靴の便利グッズ

持っていると便利な、子ども靴の便利グッズを紹介します!

①フットメジャー

子ども靴の便利グッズ、1つ目は「 フットメジャー 」です。

買ってよかったフットメジャー

これを使えば、自宅で簡単に子どもの足のサイズを測れます。

使い方も簡単です!

  1. ロゴの方にある突起にかかとを合わせる
  2. メジャーに付いているつまみを、つま先に合わせる
  3. つまみの枠の中にある数字が、購入する靴のサイズの目安

子どもの足はすぐに大きくなるので、月に1回の頻度で使っています。

②プチッとネーム

子ども靴の便利グッズ、2つ目は「 プチッとネーム 」です。

簡単に付けられるネームタグで、直接名前を書かずに記名することができます。

買ってよかったプチッとネーム

片面に名前を書いて、ひっくり返すと名前を隠すこともできます。

防水使用なので、雨で濡れても大丈夫です。

3ヶ月間使ってきましたが、外れたり文字が消えることはありませんでした。

ももこ

ブルー・ピンク・ホワイト・ライトブルー・イエロー・レッドがあります!

まとめ

子どもと赤ちゃんの靴

今回はこれまで実際に履いてきた、人気の子ども靴をレビューしていきました。

  • エドインター「Baby feet」
  • イフミー 「キネティックベルト フェイクレザースニーカー」
  • コンバース「BABY ALL STAR」
  • 西松屋「幅広ベビーシューズ チェック柄」

毎日使うものだからこそ、子どもに合ったものをキチンと選びたいですよね。

子どもに手間や時間を使うためには、生活に余裕をつくることが大切です。

忙しい毎日の中で余裕をつくるために、色々な便利グッズに助けられてきました!

こちらの記事では、特に多くの時間を過ごすキッチンでの便利グッズを紹介しています。

あわせて読みたい
【買ってよかった!】ママお助けキッチンアイテム5選 こんにちは!ももこです! 毎日のキッチンでの作業って大変ですよね。 ご飯をつくったり洗い物を片付けたり、キッチンでやることって沢山あります。 我が家には1歳のこ...

育児や家事をスムーズにしてくれるグッズを使って、時間を上手に使ってください!

それでは☆

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次